武蔵中原エリア 実績抜群の個別指導塾 学習塾【英才個別学院 武蔵中原校】にお任せ下さい!

menu

武蔵中原エリア 実績抜群の個別指導塾 学習塾|英才個別学院 武蔵中原校

小学校と中学校の違いは!?

武蔵中原の個別指導学習塾

【英才個別学院 武蔵中原校】

こんにちは!英才個別学院 武蔵中原校 増成です!

小学校と中学校は違う!!

ということは皆さん知っていますよね。

ですが『どこがどう違うのか!?』

ということについて詳細に考えたことって少なくないですか?

今日はそのあたりについても触れていきたいと思います。

 

【授業の進め方について】

小学校では 

・・・全員がきちんと理解できるように復習も兼ねた内容で進められる
そのため授業をしっかり聞いていればそこまで困ることはない

中学校では

・・・授業ごとに新しい内容に入いるので復習の時間は自分で確保することになる
「授業で触れた」=「理解した」というスタンスで進められることも多い
ついていけない生徒も3割ほどは・・・

 

【科目について】

小学校では 

・・・新学習要領による英語も導入されましたが
小学校の英語は勉強というよりも『体験』の要素が強くなっています

中学校では

・・・英語は『体験』ではなく『学問』となります
また算数も数学になり文字式なども使うようになり、
より理解度が求められるようになります

 

【先生について】

小学校では 

・・・担任の先生が全ての授業を行います。
そのため、一緒にいる時間も増えて質問などもしやすくなります

中学校では

・・・教科ごとに担当の先生がいます。
週に数回しか授業がないので先生と仲良くなる時間も少なくなるので
質問がしづらくなります

 

【テストについて】

小学校では

・・・約1ヶ月に一度行われるのが一般的です。
内容も基礎の確認がメインで単元確認テストの形式がほとんどなので
100点を取れる子も多いです

中学校では

・・・年に5回になります。
そのためテスト範囲も1.5倍~2倍になります
内容も基礎の部分と応用の部分を確認します。
平均点は50点~60点になることが多いです

 

【まとめると】

やはり、一番の違いはテストの違いです。

中学校では「小学生で習った範囲をすべて理解できている」

という前提で授業が進められるため、

小学校の勉強で「ヌケ」がたくさんある子は、

中学校の授業で初めて、「自分が理解できていないこと」に気づきます。

そうなってからでは、周りの子との差も開いてしまいます。

 

そうならないためにも、小学校の復習を1~2月で行い

3月から中学校の予習に入れるようにすると

中学で差をつけられるということがなくなります。

 

気になる方は、ぜひ一度無料体験授業として

『レベルチェックテスト』を受けてみてください。

現在の状況をはっきりさせ、必要な復習をしておきましょう

気になる方は教室までご連絡ください。

**** 英才個別学院 武蔵中原校 概要*****

【授業時間】 17時00分~21時30分

【対象】小学生・中学生・高校 生・既卒生

【申込方法①】 当教室ホームページからお問い合わせください。

http://www.eisai-musashinakahara.com

【申込方法②】当教室までお電話ください

044-753-0909(14:00~21:00 日・祝休み)

英才個別学院 武蔵中原校  教室長  増成 清志

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

資料請求・無料体験はこちら 電話でのお問い合わせはこちら

カテゴリー

英才個別学院 武蔵中原校 フェイスブック
英才個別学院 武蔵中原校 ツイッター
英才個別学院 武蔵中原校 YouTube チャンネル
英才個別学院 武蔵中原校 Google+